browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

マッサージチェアの歴史。なんと発祥の地は大阪!

マッサージチェアの歴史。なんと発祥の地は大阪!

大阪のマッサージチェアの歴史をご存じでしょうか?毎年8月7日は「機械の日」ですが、2014年、某学会が毎年認定している「機械遺産」に初めて大阪生まれのマッサージチェアがノミネートされました。

実はその誕生も大阪。

今や家庭用としても多様な種類が販売されていますが、1954年に大阪府にあるとある工場で「日本の最古の量産型マッサージチェア」の第一号機が誕生したそうです。

高さ1.3m、重量64kg、肘掛けや背もたれは木製だったそう。

当時の担当者が、「銭湯で気軽にマッサージできる機械を作りたい」という想いを込めて作り上げたのです。

そんな第一号機ですが、当時の価格で約7万円。

その当時のサラリーマンの月給は1万~1万5千円ほどでしたので、今のように気軽に変える嗜好品ではなく、高級品だったんですね。

今でこそ当たり前となった「もみ玉」も、当時は軟式野球のボールを使用したり、手動で揉むポイント位置調整をするために、車のステアリングを使用したりと、様々な工夫を凝らしたていたようです。

(一方で「ゴミ山から部品を集めて作られた」なんて当時は言われてもいたようですが・・・)

大阪のマッサージ店は果たして安いのか?

大阪といえば、ヒョウ柄を着たド迫力なおばちゃん!そのおばちゃんたちが口をそろえて言う言葉といえば、「あっこのお店は、あんたのとこより◯◯円安かったわよ!」という値引き交渉。

それともう一つ、「こっちのお店のほうが美味しい粉モンがあるよ」という、品質に対するシビアな考え方。

少しでも安く、しかし品質にはこだわる。

そんな大阪ならではのマッサージ店について気になったので、ちょっと調べてみました。

お金にはとことんシビアな関西の人たち・・・。

そんな関西人が通うマッサージ店とはどのくらい安いのでしょうか。

ちなみに、大阪での一般的な相場は「2時間で3,000円」。

筆者がよく行く東京のマッサージ店は「10分1,000円」というところがほとんど。

そう考えるとすでにかなり安い印章をうけますよね。

でも、調べてみるとさらに衝撃的な値段で施術を行ってくれる店舗も数多くありました。

大阪のマッサージ店

私個人としては、「安かろう悪かろう」という印象のある激安マッサージ店ですが、品質に対しシビアな見方をするからこそ、大阪では「安かろう良かろう」は当たり前になってきているのかもしれませんね。


© 2015 安いマッサージ店は大阪にある